大分リハビリテーション専門学校

文字サイズ
平松学園HOME
MENU

ブログ

School blog

言語聴覚士科 学校生活6月の話題

無題

無題2 今回は、言語聴覚士科の6月の

 学校生活のトピックスを

 学年ごとにご報告いたします。

 

 

 

 

 

 

 

無題

1無題

 

 3年生は短期実習を終えて帰校しています。

7月3日から開始する長期実習に向けて、短期実習を振り返り

自分の弱いところや再確認の必要なところを、各人のペースで

学内にて自己点検・補修学習に取り組んでいます。

 下の写真は、補修学習を行っている3年生の様子です。

 

P10 P11 P12 P14

 

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

無題

2無題

 

 

 2年生の今のこの時期は、専門科目を履修しています。

言語障害・聴覚障害・嚥下障害の概論を一年生で学び、2年生前期には各障害

の評価法を学びます。

 下の写真は、頚部聴診法での嚥下評価技術を学んでいるところです。

 

 

P1030274 P1030270 P1030267 P1030263

 

 

 

 

 

 

無題

3無題

 

 

 

  1年生は6月2日にJCHO湯布院病院へ施設見学に行ってきました。

 入学して間もないこの時期に見学に行くには理由があります。

 実際の臨床現場を見学することで、言語聴覚士として働くことへの

 より明確なイメージをつかんで欲しいという意図があります。

  今回、学生たちはST室をはじめ、在宅自立学習室、運転シュミレ-タ-

 など病院内の様々な施設を見学させて頂きました。また、現場で働く言語

 聴覚士の木村先生からリハビリテーションを行う際に大切にしていること等、

 お話をしていただきました。先生から頂いた言葉は大きく学生たちの心に

 響いたようです。下の写真は見学時の様子です。

 

 

P2 P3 P4P1

 

 

  見学を終えた学生たちは、『絶対に言語聴覚士になる!』と決意を新たに

 したり、他職種との連携の大切さを感じていたり、『自分の専門だけではなく

 幅広い医学知識が必要で、日々の学習を一生懸命することが大切だと気づいた』

 という学生もいました。普段の机上での学習では得ることができないたくさん

 のことを見て、感じて、考えることができた施設見学だったようです。