大分リハビリテーション専門学校

文字サイズ
平松学園HOME
MENU

ブログ

School blog

仕事フェアー 言語聴覚士科

taitoru

 

 

 

     学校法人平松学園東明高校の生徒さんを対象に、同学園7校10学科の

    医療・福祉専門学校が一堂に会し、学科ごとにそれぞれのブースから職業

    紹介を行なったり、実際に仕事で使う機器などを体験してもらう催しが

    開催されました。

 

P2

 

 

 

 

      言語聴覚士科では、2年生4名(下写真)が今回のチューターとして

     参加しました。

 

      本日はどうぞ私達にお任せください。

P3

 

 

 

 

       会場では言語聴覚士の業務で使用するものとして、人工喉頭、

      認知・知能検査、そしてお子さんのことばを育む知育玩具などを

      展示してご紹介しました。高校生のみなさんは、見たいブースを

      積極的に巡回していました。

 

 

       まず、こちらは人工喉頭です。音声障害の方々に使用されます。

      これを使用すると声帯を切除しても声を出すことができます。

 

P4

 

 

 

       言語聴覚士は摂食・嚥下障害にもアプローチしていきます。

      聴診器で唾液を飲み込む嚥下音を聴いてみましょう。

P5

 

 

 

      お子さん達が遊びながらことばを学べる教材を紹介しました。

P6

 

 

 

       お子さんのことばの習得には知能・認知面の発達が関与します。

      言語聴覚士はこれらの側面にも評価してから訓練を行います。

      こちらは評価のための標準化された検査です。

P7

 

 

 

       

       保護者の方にも言語聴覚士の仕事内容をお伝えする

      ことができました。


再

 

 

 

 

 

 

     今回の仕事フェアーでたくさんの生徒さんに接して、私達も大変有意義

    な時間を過ごすことができました。

     ご来場いただきました高校生の皆さんが、医療・福祉分野へ興味・関心を

    もち、将来の進路選択のきっかけになれば嬉しく思います。