大分リハビリテーション専門学校

文字サイズ
平松学園HOME
MENU

ブログ

School blog

作業療法士科 12月の学内の様子

12月の学内の様子

いよいよ、師走になりました。学生たちは中間試験、課外授業など活発に活動しております。

疲れやすい時期でもありますが、どの学生も作業療法士への夢を忘れず、積極的に日々の学校

生活に取り組んでいます。

今回は1年生が基礎作業学Ⅱで制作した革細工と、2年生が作業療法治療演習Ⅰで行った集団レク

リエーション活動の様子をご紹介します。

基礎作業学Ⅱ革細工

 

 

基礎作業学では、作業療法の手法の1つである創作活動を実践しながら作業療法の効果について

学んでいます。身体的側面、精神的側面の両面に作用する手法として、活用されています。

24期生 革細工

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

集団レク

 

 

 

作業療法では、対象者への1対1の支援だけではなく、グループ活動を企画・運営することもあります。

グループ活動は、全体に配慮しながら盛り上げていき、メンバー1人1人の反応を引き出すことが醍醐味

です。今回2年生は集団レクリエーションを企画し、学生同士で体験しました。それぞれ趣向をこらした

目的と方法でとても貴重な活動が提案されていました。

 

23期生 集団レク

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

図1