大分臨床工学技士専門学校

文字サイズ
平松学園HOME
MENU

特徴&カリキュラム

Features and Curriculum

学科の特色

日本初の養成校としての伝統と実績
本校は臨床工学技士の養成校として最も歴史のある学校です。国家試験に対しても多くのノウハウを有しておりこれまで900名を超える卒業生を輩出しています。
活躍の場は未知数、広がるフィールド
現代の高度医療において臨床工学技士のニーズは大きくは大きく広がっており日本全国より多くの求人をいただいております。血液浄化療法や心臓血管外科領域のみならず内視鏡治療やカテーテル治療などの低侵襲治療の場でも活躍しています。
繰り返し行う徹底教育
数学や物理などこれまで苦手としていた学生に対しては、放課後などを利用して基礎学力向上のため学習する場を設けています。また、国家試験に対しては長年培ってきたノウハウを活かした対策を実施し、常に全国平均より高い国家試験合格率を誇っています。
職業実践教員訓練給付金制度を利用できます
就職されていた方が臨床工学技士を目指し、本校に入学される場合は、給付金を受給することが出来ます。当校は厚生労働省により認可を受けております。

取得できる資格

定員:男女共学40名修学年限:3年
  • 臨床工学技士国家試験受験資格
  • 専門士(医療専門課程)
  • 工業英語能力検定試験(文部科学省後援)
  • 第2種電気工事士試験(都道府県知事認可)
  • 工事担任者試験(総務省認定)
  • 第2種ME技術実力検定試験(日本生体医工学会認定)
国家試験合格率を見る

カリキュラムについて

カリキュラムを見る

臨床実習

臨床実習は、医療分野では必須の教育課程です。学内で学んだ知識や技術を実践の場で身につける過程で、知識の活用の仕方や臨床での思考過程を学びます。

教員による臨床実習中の施設訪問
初めての臨床実習では学生も戸惑いを生じます。そこで臨床実習中に教員が実習施設を訪問し実習担当者や学生と面談を行い、実習状況の確認や学生の悩みを解決するなど実習支援を行います。
臨床実習前の模擬演習
臨床実習では実際に患者さんへ検査や問診を行います。スムーズな実習導入を図るため、学内で問診や検査手順を体験したり、仮想症例を通し必要な検査の抽出や治療支援のシミュレーション等を行います。
宿舎費用は学校が負担
臨床実習は附属の治療院や診療所、自宅から通える医療機関や施設で行うことが多いのですが、学科によっては県外の先進的な施設に赴くこともあります。その場合でも実習中の宿舎の手配は学校が行うので安心です。実習費としてまとまった費用を徴収することはありません。

1年次(7月)と2年次(3月)に病院見学実習を行います。
3年次(9月~11月)には、専門的な技術修得のため、実際の臨床現場で知識・技術の修得を行います。
現在10施設を超える医療機関に実習をお願いしており、そのうち3施設で実習を行っています。