大分臨床工学技士専門学校

文字サイズ
平松学園HOME
MENU

挨拶・概要

Greeting and Outline

概要

伝統と実績のある“平松学園”で、実力ある『臨床工学技士』を目指しましょう!

“ヒトとしての温かい心をもった医療人”をモットーに本校では開校以来、約1000人以上の臨床工学技士を輩出しています。卒業生は医療機器のスペシャリストとして、様々な分野に羽ばたいて活躍しています。

挨拶

大切に考えたい「患者学」

技術の進捗、高度医療の進化、”先取の精神”を貫く本校からは医療機器の専門家として多くの学生が臨床工学技士としてさまざまな分野に羽ばたいて行きました。正確な知識や技術の習得はもちろんですが、人の苦しみがわかる感性こそ大事なのだと話してきました。

いわば患者さんのことを第一に考える”患者学”です。素晴らしいチーム医療とは、医師や看護師などスタッフだけではなく、患者さんを含めたところから始まるものだと私は考えるのです。したがって、こうした人々との信頼関係を築くことのできる人間教育も日々の講義や学園生活の中で大切にされているわけです。

校長 矢永 尚士(九州大学名誉教授)

在学中に取得できる資格

  • 工業英検能力検定試験4級(文部科学省後援)
  • 第2種電気工事士試験(都道府県知事認可)
  • 工事担任者試験(総務省認定)
  • 第2種ME技術実力検定試験(日本生体医工学会認定)

卒業時に得られる資格・称号

  • 臨床工学技士国家試験受験資格
  • 専門士(医療専門課程)

教育理念

日々進歩している医療機器とともに、臨床工学技士の役割がますます重要視されています。本校では、医学と工学両分野の基礎教育を徹底し、確かな知識・技術の習得を目指します。さらに人間性豊かな、地域医療に貢献する医療機器の安全操作・保守点検のスペシャリストを養成します。

教員紹介

担当教員をご紹介いたします。

教務主任
葛城 範夫
担当科目
  • 電子工学
  • 情報処理工学
  • システム工学

どの分野に進んでも、あるいはどの施設や機関に配属されても、医療機器のない現場はありません。それが例え不慣れな機器であっても、最新鋭の機器であっても、基本をきちんと学び理解していればそう戸惑うことはありません。本校での3年間はまさに基礎の3年間。

理数教科は、中学レベルからじっくりと復習し、補習や資格取得に向けた集中講義、個人指導などが熱心に行われます。高い合格率、100%の就職率は学生の学力や、やる気をバックアップする体制にも大きく関係しているのです。

専任教員
田端 唯次
担当科目
  • 生体機能代行装置学実習
  • 医用治療機器学

病院内の医療機器を管理する臨床工学技士のニーズは年々増加してきており、日本全国の病院および医療機器メーカから多くの求人をいただいております。当校では、臨床工学技士としての基礎的知識の習得および、国家試験合格のためのノウハウのもと、学生自身が主体性を持って国家試験合格のため勉学に取り組む環境づくりを大切にしています。