大分医学技術専門学校

文字サイズ
平松学園HOME
MENU

学科について

About clinical engineer

柔道整復師とは

いま社会が求め、脚光を浴びている柔道整復師

骨折やけが、筋肉や関節の痛み、リハビリ、スポーツトレーニングのアドバイスまで、活躍の場は広く、やりがいのある仕事です。

柔道整復師の活躍する現場

柔道整復師の仕事は?

  • 「打撲」「捻挫」「挫傷」「脱臼」「骨折」などの治療を行う仕事で、日本古来の「柔道を源」とするものです。
  • 肩・腰・膝など「運動器の損傷」や「ぎっくり腰」「肉離れ」といった生活に密着した症状の改善を行います。
  • 「リハビリ」や「トレーニング方法」のアドバイスや「ケガをしないため」のアドバイス、また、スポーツ後のケアを専門的に行う「スポーツトレーナー」としての役割も期待されています。
  • 「スポーツトレーナーになる」というだけであれば、資格は必要ありません。しかし、医療系の国家資格(柔道整復師・鍼灸師等)を保持していない場合、トレーナーとして活動することは、事実上困難となります。
  • 福祉施設(デイサービス等)で機能訓練指導員として活躍。

柔道整復師の活躍する現場

  • 整骨院(接骨院)、老人介護施設、スポーツトレーナー、スポーツジム、病院。