大分介護福祉士専門学校

文字サイズ
平松学園HOME
MENU

介護福祉士とは

About clinical engineer

介護福祉士とは

専門的知識及び技術をもつて、身体上・精神上の障害があることにより日常生活を営むのに支障がある人の心身の状況に応じた介護、その人が日常生活を営むのに必要な行為であって、医師の指示の下に行われる喀痰吸引等を行い、並びにその人及びその介護者に対して介護に関する指導を行う福祉専門職です。

介護福祉士が活躍する場

生活支援
身体介護のような具体的な介護とは別に、高齢者や障害者などの利用者の生活援助を行うこともあります。利用者の家に訪問して、利用者が自分で行うことが難しい炊事や洗濯、買い物などの家事を行います。
身体介護
利用者の自宅や介護施設において身体介護を行います。日常生活を自分ひとりで行う事が困難な利用者において、食事や排泄、入浴などの生活に関する様々な動作をそれぞれの症状の度合いや環境などに応じて介助します。
相談・助言
利用者や、介護をしている家族に対しての助言や、介護に関する相談などを受け付けます。より良い形での介護や、利用者の自立した生活のために適切なアドバイスを行います。
社会活動支援
利用者が介護を必要とする状態になった場合、自由に動けない等の理由により、身近な人間関係から孤立してしまうことがあります。人々の間をお互いの話を通じて取り持ち、社会の一員として穏やかで安定した生活が送れるよう支援します。

職業紹介

3人に1人が高齢者となる時代・・・
何より大切な介護福祉士

団塊の世代が75歳以上となる2025年。3人に1人が高齢者(65歳以上)になると推測されています。また、認知症患者も400万人を超え、高齢者・認知症患者に対するサポート体制の構築は待ったなしの状況です。
介護は、対象者の生活を丸ごと支える仕事です。ゆえに複雑でそれぞれのニーズによって変化します。
複雑で多岐に及ぶ利用者ニーズに応えるために、介護の専門家が求められています。