大分リハビリテーション専門学校

文字サイズ
平松学園HOME
MENU

在校生・卒業生の声

Voice of Students and Graduates
2年 相本 虹歩さん(大分県立大分鶴崎高校卒業)

在校生VOICE

きっかけは障害を持った子どもの支援
父の紹介で作業療法という職種を知りました。調べると障害を持った子の力になれると知り、私もそのような子どもの力になりたいと思いました。
心に寄り添える作業療法士に
子どもから高齢者までの多くの人から信頼される、心に寄り添える作業療法士になりたいです。
臨床の話が魅力的です
講義では、多分野の先生方が臨床の体験を踏まえた話をしてくださるため、作業療法士を目指すモチベーションが高い中で講義に取り組む事ができます。

卒業生VOICE

勉強や実習、国家試験など乗り越えなければならない困難が多いですが、同じ夢に向かって苦難を共に乗り越えてきた仲間、熱心にご指導してくださる先生方に囲まれ、過ごした3年間は毎日が充実しており、かけがえのない宝物です。卒業後も毎日が勉強の日々ですが、患者さん方の「この動作ができるようになった」「ありがとう」の笑顔の瞬間に立ち会える仕事として誇りに思っています。

田崎 綾花さん(平成23年卒業)
  • 大分赤十字病院勤務
  • 大分県立大分西高校出身