大分リハビリテーション専門学校

文字サイズ
平松学園HOME

挨拶・概要

Greeting and Outline

概要

本学科では、言語聴覚士としての基本的な知識技術の習得はもちろんのこと、理学療法士科・作業療法士科と専門職連携教育(Inter Professional Education:IPE)を導入し、医療人としての基本的な姿勢や考え方の習得も目指します。日々の学習に対応できるよう各学年の習得状況に応じた独自の教育システムを取り入れて取り組んでいます。また本科は大分県唯一の言語聴覚士の養成校であり、県内の病院・福祉施設・小児療育センター等と緊密に連携しリハビリテーションのマンパワーの普及に全力で取り組んでおります。

挨拶

人が人らしく生活できるようサポートする言語聴覚士はリハビリテーションを行う上でなくてはならない存在です。

人は自分の考えや思いを言葉によって伝えることができます。時代とともに言葉の種類は多くなり意味も変わっていき、言葉の意味を正確に知って正しく使うことは大切なことです。

しかし、脳梗塞や脳出血で大脳が正常な働きを失うと、自分が思った言葉が言えなくなったり、人が話している言葉の理解力が低下します。また、食べ物を咀嚼し嚥下することは生きるために重要なことです。

おいしく食べることは脳の働きをよくし生き甲斐を賦活します。しかし、何らかの原因で食べること、飲み込むことができなくなると正常な生活が送れなくなり、こういった障害のリハビリに取り組むのが言語聴覚士です。

人が人らしくいきいきと生活を送れるようサポートする言語聴覚士はリハビリを行う上でなくてはならない存在です。

校長 和田 秀隆(大分市保健所元所長・脳神経外科専門医)

在学中に取得できる資格

  • 手話検定

卒業時に得られる資格・称号

  • 言語聴覚士国家試験受験資格
  • 専門士(医療専門課程)

教育目標

大分リハビリテーション専門学校は、リハビリテーションを担う専門職の総合的養成施設として、「広く社会に貢献できる人間性豊かな医療専門職を育成する」ことを教育目標としています。この目標を実現させるため、下記の点に重点をおいて人材の育成をめざしています。

1.医療人としての自覚

医療人として、人の尊厳や人権を尊重し、倫理観や使命感を持った人材を育成する。

2.疾病や障害に対する専門的知識,技術

科学的根拠に基づいた専門的知識・技術を習得し、臨床に応用できる人材を育成する。

3.協働,連携による課題解決能力

自らの役割及び他職種の役割を理解し、チームの一員として協働し課題解決できる人材を育成する。

4.人と向き合えるコミュニケーション力

自身の考えを適切に表現でき、他者の言葉に耳を傾け、誠実に人と向き合えるコミュニケーション力を持った人材を育成する。

5.自ら考え実践できる行動力

自らの行動に責任を持ち、主体的に考え実践できる人材を育成する。

教員紹介

担当教員をご紹介いたします。

学科長
丹生 泉
担当科目
  • 言語発達障害概論
  • 言語発達障害評価法
  • 言語発達障害訓練法
  • 言語聴覚障害特論Ⅲ
  • 卒業研究 他

言語聴覚士は障がいを持たれている方に対して、言語・聴覚・嚥下療法などを行っています。言語聴覚士の職域は医療分野のみならず、介護・福祉、保健、教育分野にも及び、求人数は年々増加しています。本校3年間の教育は理論と実践を育み、確かな知識・技術と共に、人とのつながりを大切にした幅広い専門的な支援ができる言語聴覚士をめざしています。

教務主任
平岡 賢
担当科目
  • 言語聴覚障害概論
  • 嚥下障害
  • 吃音
  • 言語聴覚障害特論
  • 卒業研究 他

言語聴覚障がいは、幅広い領域からなる分野です。この事を踏まえ、本校では通常のカリキュラムに加え、自ら学ぶ『課題学習』を設けて学習する体制を敷いています。また、『真の協力とは何か』を考え、仲間と共に活動し達成する喜びを共有できる機会も設けています。それ以外にも、接遇講座や障害児保育など独自の科目を取り入れながら、実践力のある言語聴覚士を育成しています。