大分臨床検査技師専門学校

文字サイズ
平松学園HOME

在校生・卒業生の声

Voice of Students and Graduates
3年 松山 奨吾さん (情報科学高校出身)

在校生VOICE

病理検査に興味を惹かれました
臨床検査技師が超音波検査や心電図をしている姿をニュースで見て仕事を知るきっかけになりました。多種多様な検査があることを知り、またその中でも特にがん細胞や病変組織に関する分野の病理検査に興味を惹かれました。
その日の復習は毎日必ず行っています
高校の時は自宅学習の時間をあまりとれていませんでしたが、臨床検査技師になるための専門科目の勉強をしっかり身につけたく、その日の復習は毎日必ず行っています。学校生活では友人や先輩はみんな気軽に優しく声をかけてくれます。また授業でわからないことがあれば、わかるまで先生方がしっかり付き合ってくれるので、安心して過ごすことができます。
ヒトの生命や健康に携われる尊い仕事
医療従事者を目指す以上、覚えることも多く正直勉強はたいへんですが、ヒトの生命や健康に携われる尊い仕事、目標をもって一生懸命することで自分自身の成長を実感できています。卒業後は更なる知識や技術の向上のため、認定資格取得に向け研鑽を積んでゆきたいです。

卒業生VOICE

臨床検査技師は、医師の指示のもと検体(血液や尿など検査材料)の成分を調べ、身体にあらわれる異常の特定や、治療効果の確認などを主に行っております。 私の職場は 3 次救急病院に指定されており、一分一秒を争う現場に立ち会うことも多く、日々迅速な対応を求められます。そのような状況で、いかに早くミスなく対応できるか、検査技師としての腕が試されとてもやりがいを感じています。 休日は趣味のゴルフに行ってリフレッシュしています。今後は認定輸血検査技師の資格を取得することを目標に掲げています。非常に難易度の高い資格のため、実技の練習を反復しています。 友松 将一さん(平成29年卒業)
  • 新別府病院 臨床検査科勤務
  • 大分鶴崎高校出身