大分東明高等学校

文字サイズ
平松学園HOME

普通コース(普通科)

Normal course

“思う存分部活動”をサポート! 個性を生かし、可能性を引き出す

生徒の約80%が、何らかの部活動に所属しています。
だから、いつも活気に満ちあふれた明るい雰囲気のコースです。
また、体育祭や文化祭などの学校行事などにも全力投球で取り組んでいます。

部活動の案内はこちらから

“一生懸命”を応援!

部活動は、運動・文化部合わせると40を超えるクラブがあります。駅伝、ラグビー、アーチェリー、バトンなどの全国レベルのクラブから、最近メキメキと力を付けてきたサッカー、野球、バドミントンなど、これらのクラブの主力は普通コースの生徒たちです。また、文化部でも趣味を生かしたものから資格取得に至るまで幅広く活躍しています。ひとつのものに打ち込み一生懸命に取り組む、そんな生徒たちを応援し、徹底サポートしていき、 それぞれの生徒が持つ可能性を最大限に引き出す、それが普通コースの特徴です。また、部活動を通して学ぶことはたくさんあります。礼儀や人との接し方、苦しさや困難に立ち向かう粘り強さ、そしてここ一番というときの集中力も養われます。これらは必ず学習にも活かされ、社会に出てからも貴重な財産となるはずです。/p>

大切なのは基礎学習

部活動が中心となる普通コースでは、放課後は思う存分部活に打ち込めるよう、授業は基本的に6限となっています。3年間を通して進学にも就職にも柔軟に対応できるカリキュラムを組んでいます。授業内容は徹底的に基礎を大切にしたものが多く、毎月の国基テスト、英基テスト、そして基礎力を確認する対外模試などにも力を入れています。また、進路ガイダンスなども実施し、進路への意識づけを促しています。普通コースの3年間を通して必ず自分に適した道が見つかると思います。

チャレンジすること!

学校は人間形成の場でもあります。普通コースでは、部活動以外にボランティア活動への参加も積極的に呼びかけ、多くの生徒が参加しています。毎年行われている「大分国際車いすマラソン大会」や「身体障がい者体育大会」、『24時間テレビ~愛は地球を救う~』などに参加する他、夏休みには保育所や老人ホームなどの施設ボランティアとして出かける生徒もいます。また、進学や就職に必要な基礎学力の定着の一環として、各種検定試験にも積極的に挑戦しています。