大分東明高等学校

文字サイズ
平松学園HOME

国際コース(普通科)

International

「読む・書く・聞く・話す」
バランスのとれた英語教育で国際理解を深める

国際コースは英語を重視したカリキュラムになります。
「読む・書く・聞く・話す」バランスのとれた授業と国際交流会などの実践を通して、
英語力、コミュニケーション力を養います。

多角的に英語を学ぶ

一般科目であるコミュニケーション英語I、II、Ⅲや英語表現Ⅰ、Ⅱ、Ⅲに加え専任外国人講師による「英語会話」とリスニング演習を含む「総合英語」、英字新聞で時事問題を知る「時事英語」、異文化の違いを学ぶ「異文化理解」など、多角的に学ぶことで、スキルだけでなく、国際理解を深めるものとなっています。 読む、書く、聞く、話すの4技能を取り入れた授業で、入試英語にも対応しつつ、実践的なコミュニケーション能力も養われます。

英検2級、国連英検C級、GTEC(4技能)950点以上を目指す!

授業で習得した英語力を確認し、さらに高めていくために、実用英検や国連英検、G-TECなど様々な検定試験に取り組んでいます。とくに実用英検2級、国連英検C級、G-TEC500点以上は大学進学にも有利です。本コースでは学年の枠を解いて級別に指導、補習をするなど力を入れ合格を目指しています。いずれの検定試験も毎年多くの合格者を出し、なかには実用英検準1級や国連英検B級に合格した生徒もいました。その他、中国語検定、漢字検定、そしてTOEICなど、進学に役立つ様々な検定試験に積極的にチャレンジしています。

海外で体験

2年次には、語学研修としてオーストラリアの高校に通いながらホームステイをします。同年代の若者たちと交流し、ホストファミリーと過ごす2週間は、かけがえのない体験になるだけでなく、国際意識を高め、その後の学習への意欲も高めます。また、私費で留学する生徒に関しては柔軟に対応し、サポートしています。この留学先で取った単位は認定されますので、 帰国してからも学年を下がらず、同級生とともに3年間で卒業できます。

実践で学ぶ

「勉強+実践」を大切にする本コースの特徴の一つが、国際交流会などに参加する機会が多いことです。例えば、立命館アジア太平洋大学(APU)への体験ツアー、イギリスの劇団を招いて英語劇鑑賞など、様々な国際交流を通して、国際感覚や国際理解を深めることができます。そのため国際ボランティアや世界情勢に関心を持つ生徒も多く、海外へ進学する生徒もいます。