大分東明高等学校

文字サイズ
平松学園HOME

歯科衛生コース(普通科)

Dental hygiene

スタッフも教材も充実!
歯科助手資格の取得で幅広い進路

高校卒業とともに日本歯科医師会認定の歯科助手の資格が取れるコースです。
「医療に興味がある」、「将来のために何か資格が欲しい」
と考えている女子をサポートします。

資格という強み+卒業後の進路選択に幅

歯科助手の仕事とは、歯科医院で来院患者の受付・応対、診療時の医師の補助などを行います。ですから授業は歯科助手のための専門教科がカリキュラムに組み込まれますが、基本的には一般の普通科と同じで、一般大学や短大、専門学校への進学も可能です。もちろん、歯科助手の資格を活かして歯科医院への就職や、歯科専門学校へ進学し、レベルアップを図る道もあります。資格を持つという強みを身につけるだけでなく、卒業後の進路選択にも幅ができ、可能性が広がります。

スペシャリストによる指導

歯科衛生コースの専門授業は平松学園併設の「大分歯科専門学校」のスタッフが行います。1年次は1週間に3時間、2、3年次は5時間で、3年次には大分市内の歯科医院への実習(4週間)もあります。授業では基礎知識のほか、歯のスケッチや石膏で歯形を作る「歯牙形態」、医院での受付事務のための「社会保険関係事務」、本物の機材を使って診療機器の取り扱いなどを学びます。また「接遇」の授業では言葉遣いや患者への接し方などを学び、また電話対応やお茶の出し方なども授業で練習するので、社会人として必要なマナーも身につけることができます。専門家による授業は具体的、実際的で分りやすく、歯科衛生への関心を高めてくれます。

資格は財産

歯科衛生コースでは、社会に出ても通用する各種資格の取得を奨励、積極的にサポートしています。多くの生徒が様々な検定に挑戦していますが、なかでも秘書検定の取得には、電話対応や人との接し方など「接遇」の授業や実習を通して学んだことを活かすことができるという、本コースならではの利点があります。 さらにH30年度から医療事務に不可欠なパソコンのスキルを高めるために、情報処理検定にもチャレンジしていきます。 履歴書の資格欄に自信を持って書ける資格があるというのは、就職の際の大きな武器ともなります。いま頑張ることが、一生の財産になるのです。

※東明高校の現役卒業生は、本学園併設の大分歯科専門学校への進学の場合は、入学金(24万円)が免除となります。
●大分歯科専門学校〈本学園併設〉

 歯科助手の上級資格である歯科衛生士(国家試験)の学校です。 毎年、歯科衛生コース卒業生のほとんどが進学しています。また、毎年高い国家試験合格率を達成し、さらに求人倍率は10倍以上、就職率は100%という実績を誇っています。