大分臨床工学技士専門学校

文字サイズ
平松学園HOME
MENU

臨床工学技士とは

About clinical engineer

臨床工学技士とは

病院内にある様々な医療機器。その医療機器を正確に操作し、また、正常に動作するために定期的に保守点検するのが臨床工学技士の仕事です。医療の高度化により、手術室などをはじめ様々な治療現場で臨床工学技士が活躍しており、その需要はまだまだ増えることが予想される医療職種です。

臨床工学技士が活躍する4つの分野

循環器業務

人工心肺装置
心臓手術の際、心臓と肺の機能を代行する装置の操作
心血管カテーテル
比較的大きい血管にカテーテルという器具挿入し、血管の疾患に対して行う治療のサポート
ペースメーカ/ICD
心臓の拍動に異常がある不整脈に対し、人工的に心臓の拍動を制御することが出来る装置であるペースメーカやICD(植え込み式除細動器)について、メンテナンスを行う業務

呼吸器業務

人工呼吸器
自分で呼吸することが困難な患者様に対して、人工的に呼吸を行う装置の操作および保守点検
高気圧酸素治療
高い気圧をかけた環境下を人工的に作り、酸素を吸入することで治療を行う装置の操作保守

血液浄化

血液透析療法
腎臓の機能が低下して患者様に対し、血液中にある有害な物質を除去したり、出なくなった尿の成分を除去する治療
血漿交換療法・吸着療法
疾病などにより人体に悪影響を与える様々な物質を選択的に取り除く治療法

医療機器管理

医療機器管理
病院内に数多くある医療機器を一括管理する。
医療機器の安全管理を行い、すべての機器を一括管理することで医療機器の効率的な運用に関する業務