大分視能訓練士専門学校

文字サイズ
平松学園HOME
MENU

視能訓練士とは

About clinical engineer

視能訓練士とは

昭和46年に制定された「視能訓練士法」に基づく国家資格をもった医療技術職です。 外界の情報の80%以上は視覚から取り入れている、といわれるほど〝目〟は非常に大事な器官です。私たち視能訓練士は、眼科領域の医療技術職としてその〝目〟の健康を守るお手伝いをしています。

眼科検査と視能矯正のエキスパート

主に、大学病院や国公立病院、眼科医院などに勤務しています。

眼科一般検査業務
視力検査だけでなく、皆さんに身近なコンタクトレンズの処方に必要な涙の量の測定や、角膜の細胞の検査も行います。その他にも、視野や色覚、眼圧の測定など種類は様々です。その結果をみて医師が診断や治療方針を決めるため、とても重要な仕事です。
弱視や斜視の訓練業務
視力や両目でみる力は、子どもの頃に育ちます。しかし、その成長が妨げられることもあります。私たちは、弱視(視力の成長の遅れ)や斜視(目の位置のずれ)の検査と訓練のスペシャリストです。
眼科健診業務
目の病気の早期発見、早期治療を行うため、3歳児健康診査、学校健診、生活習慣病健診などの医療活動に参加します。
リハビリ指導業務
生活習慣病や慢性疾患の蔓延、また高齢者の増加により、治療が困難な低視力者の人数も増加傾向にあります。拡大鏡や遮光眼鏡など、その方に合った視覚補助具を選び、使い方の指導や訓練を行います。