大分臨床検査技師専門学校

文字サイズ
平松学園HOME

臨床検査技師とは

About clinical engineer

臨床検査技師とは

臨床検査技師とは、今注目される『 未病 ・ 健康の維持・増進 』 にかかわる国家資格です。

病気の予防や早期発見、また診断や治療方針の決定に無くてはならないものです。
血液や尿の中の成分を調べる検査、細菌検査、細胞や組織を顕微鏡でみる検査、心電図、超音波検査など
実にさまざまな広範囲の検査に携わっています。正確で迅速なデータ分析能力、チーム医療における
スタッフとのコミュニケーションが必要とされます。広い知識と高い専門技術を持っているとともに、
豊かな教養と人間性も求められる職種です。

臨床検査技師は、健康状態、疾病の診断、治療効果の判定に必要な生体情報を提供します。

検体検査

一般検査
尿、胃液、髄液、便など成分検査
血液学検査
貧血検査、白血球分類、止血凝固能
生化学検査
肝機能、腎機能検査など
免疫・輸血検査
抗原・抗体検査、腫瘍マーカー、血液型判定
微生物検査
細菌・ウイルスなどの感染症の検査
病理検査
組織診断・細胞診断用の標本作製など
染色体・遺伝子検査など
 

生体検査

  • 心電図検査
  • 脳波検査
  • 呼吸機能検査
  • 筋電図検査
  • 超音波検査
  • 味覚・嗅覚検査 など

臨床検査技師が活躍する場

病院(公的医療機関・私立医療機関・医院・クリニック)

健診センター

施設内もしくは移動健診車にて出向き、健康管理のための検査を行っています。

検査センター

病院や診療所を中心とする医療機関から患者様の検体を預かり、分析し検査結果を報告する検査業務を代行するのが主な業務です。

製薬関連企業

製薬会社や大学における、新薬開発・研究のための動物実験試料より、病理標本作製や薬の安全性を確認する検査等を行っています。

治験コーディネーター

新薬を開発するにあたって、被験者と医師との間にたち、治験内容の説明や、被験者の方のケア・サポートをしていきます。また、データの管理を行い被験者の検査値変動や 異常値をいち早く医師へ報告を行います。

医療系の分析器製造メーカー

検査機器の開発やメンテナンスを行います。

検査技師資格取得後、スキルを正当に評価できる物差しとして、認定資格があります。

  • 細胞検査士
  • 認定輸血検査技師
  • 認定臨床微生物検査技師
  • 認定血液検査技師
  • 超音波検査士
  • 日本糖尿病療養指導士
  • 心臓リハビリテーション指導士 など

詳しくはこちら