大分臨床検査技師専門学校

文字サイズ
平松学園HOME
MENU

在校生・卒業生の声

Voice of Students and Graduates
3年 末廣 芽泉さん (大分雄城台高校出身)

在校生VOICE

早期発見・早期治療に貢献したい
元々医療分野に興味があって専門資格をとりたいと思っていました。
調べるうちに、患者さんの治療に欠かせない検査をする重要な役目の臨床検査技師の存在を知り、早期発見・早期治療に貢献したいと思ったことが、臨床検査技師を目指したきっかけです。
面白い、もっと知りたいと感じます
1年次は基礎的な事を実習も交えて学んでいましたが、2年次になると専門分野が増え勉強が難しくなりました。しかし、1年次で学んだ知識が活かされ、新しい知識が身についたときは、面白いもっと知りたいと感じています。
仲間の存在と頼れる先輩
専門的な事を学ぶので難しく、勉強が悩ましい時もありますが、友達に聞いたり教えあったりしています。自分の知識となりお互いを高めあうことができるので、とてもいいと思います。
また、先輩方や先生方も実習での手技や講義のポイントやアドバイスなどサポートしてくださるのでとても学びやすい環境だと思います。
将来は超音波検査士を目指したいです
卒業後は、病院に勤務することで高い技術を身につけ、正確なデータを一人でも多くの患者さんに届けられればと思います。また、超音波検査士の資格も取得できるように頑張りたいです。

卒業生VOICE

幼いころから医療職種に興味がありました。結果を地道にコツコツと導き出すことに魅力を感じました。
現在、血液・一般検査を担当しています。採取された血液や骨髄液、尿など顕微鏡を用いて検査しています。
悪性か良性かの細胞を見分けています。
休日は専門学校の同級生といろいろ話したり、映画を観たりと充実した週末を過ごしています。
今後の目標として、緊急認定検査技師という認定資格の取得を目指しています。医師を含め、他の医療従事者に頼られる臨床検査技師になりたいです。

赤田 椋さん(平成28年卒業)
  • 大分医師会立アルメイダ病院勤務
  • 大分東明高等学校出身