大分臨床検査技師専門学校

文字サイズ
平松学園HOME
MENU

挨拶・概要

Greeting and Outline

概要

臨床検査技師専門学校の概要

本校では半世紀の歴史があり、各種医療機関からの社会的評価や信頼性は高く、多くの卒業生が各方面で活躍しています。“全員受験・全員合格”を目指し、各学年ごとに目標を設定し、それに向けての対策がなされます。

挨拶

診断や治療を支える重要な決め手、それが臨床検査

病気は臨床検査データの解析から診断され、診断がついても病気の性質・程度から治療が選択され、未病の遺伝子の検査なども日常の検査となってきています。臨床検査はますます複雑となり熟練した深い知識を有する、あるいはデータの解析を専門とするプロフェッショナルな技量を求められるようになってきています。検査技師は、検査業務だけでなく、医療安全、感染管理など病院の大きな役割を担う様にもなってきました。また、人間の生命に関わる仕事であることから豊かな人間性や倫理観も要求されています。3年間の希望に満ちた充実した学生生活を支援してゆきます。

校長 辻 浩一

在学中に受験可能な資格および認定

  • 毒物劇物取扱者(国家資格)
  • 有機溶剤作業主任者(国家資格)
  • 救急法救急員(日本赤十字社)
  • 赤十字健康生活支援員(日本赤十字社)
  • 赤十字幼児安全法支援員(日本赤十字社)

卒業時に得られる資格・称号

  • 臨床検査技師国家試験受験資格
  • 専門士(医療専門課程)

教育目標

大分臨床検査技師専門学校は、病気の予防、医師による診断・治療を進める上で、科学的な根拠となる 検査データを提示する専門職 臨床検査技師を養成する厚生労働省指定の専門学校です。 3年間のカリキュラムは教養・基礎科目の充実、先進検査技術など臨床検査に必要な知識、 技術を身に付ける履修内容で、チームの一員として医療に携わり、保健、福祉を支え、地域社会に貢献し、 病むひとに寄り添う人間性豊かな人材育成を目指します。

教員紹介

担当教員をご紹介いたします。

医学博士
李 康生
担当科目
  • 生物学
  • 生理学 他
昔、臨床検査は医師自らが検査を行っていました。現在はほとんど臨床検査技師の業務となり、検体や患者様の身体から得られた検査情報を正確に分析し、臨床分野や研究分野に提供する重要な仕事となっています 皆さんが夢を持って本校で検査技術を学び、頑張っていくことは心ひそかに誇ることだと思います。ただ、3年間の勉強は興味深く楽しいですが厳しいものもあります。 それはなぜかと言うと臨床検査技師としての高度な専門知識が求められているからです。Education(教育)は人の才能を引き出すという意味、私たちはいろいろな専門知識を教えると同時に人間性や思考力、問題を解決できる力をつけていくことを重視しています。