大分歯科専門学校

文字サイズ
平松学園HOME
MENU

歯科衛生士とは

About clinical engineer

歯科衛生士とは

歯科疾患の予防から歯科診療の補助、さらに介護福祉の分野まで、「生涯に渡って口と全身の健康に関わる」それが歯科衛生士です。歯科衛生士の主な業務は3つ。これらは歯科医療では必要不可欠なものであり、行うことができるのは国家資格である歯科衛生士のみです。

生涯にわたって口と全身の健康に携わる。それが歯科衛生士

単に歯科疾患の治療だけでなく、患者さんの生活や環境までも含めアプローチしていくことが求められる歯科衛生士。その仕事は大きく3つに分けられます。

歯科衛生士の業務

歯科予防措置
予防的歯石除去・薬物塗布・歯のクリーニングなど
歯周病やむし歯予防を目的に行われる処置で、国家資格を持つ歯科衛生士だけが行える業務です。
歯科診療の補助
歯科治療の診療補助全般など
歯科医師のパートナーとして歯科診療の一部を直接患者さんに行います。
歯科保健指導
介護を要する方の口腔ケアや口腔機能向上訓練など
口腔衛生指導や栄養指導の他、生活習慣や食生活など多方面からアドバイスを行います。

歯科衛生士が活躍する場

医療から介護の分野まで、その活躍の場はますます広がっています!

歯科診療所
かかりつけ医として妊婦さんから高齢者まで対応。
総合病院歯科
入院患者や手術前後の方の口腔ケアや管理を担当し、感染予防や機能回復を担当。
介護保険施設など
入所されている方の口腔機能の向上や感染予防のためのケアなどを専門的に実施。
保健所、市町村保健センターなど
地域住民の健康のために、各年齢や環境に応じて多職種と連携を取りながらアプローチ。ケアマネージャーとして活躍する歯科衛生士もいます。