大分リハビリテーション専門学校

文字サイズ
平松学園HOME
MENU

学科について

About clinical engineer

理学療法士とは

理学療法士は『再び人間らしく生きること』をお手伝いする国家資格です。

ケガや病気などで身体に障がいのある人や障がいの発生が予測される人に対して、基本動作能力(座る、立つ、歩くなど)の回復や維持、および障がいの悪化の予防を目的に、運動療法や物理療法(温熱、電気等の物理的手段を治療目的に利用するもの)などを用いて、自立した日常生活が送れるよう支援する医学的リハビリテーションの専門職です。

ますます広がる理学療法士の活躍の場!

理学療法は身体と心の両面から機能回復、維持、予防を目的に行われる治療法です。さらに、日常生活を改善するための指導や社会生活のための福祉用具、住宅環境、在宅ケアの調整なども含まれます。近年ではスポーツ傷害予防、生活習慣病予防、高齢者の転倒予防や介護予防などの分野にも理学療法士の活躍の場が広がっています。

理学療法士が活躍する場

病院に限らず、福祉や在宅サービス、スポーツ分野などで活躍しています。

医療機関

整形外科
骨折や捻挫、リウマチ、変形性膝関節症等への理学療法
脳神経外科
脳梗塞や脳出血など脳血管疾患患者への理学療法
その他、内科
運動機能を維持する理学療法
神経内科
パーキンソン病等への理学療法
小児科
発達に遅れのある子供への理学療法

福祉・在宅サービスなどの機関

高齢者施設
介護老人保健施設、特別養護老人ホームなどでの理学療法
居宅サービス
自宅へ出向いてリハビリテーションの提供を行う訪問リハビリテーション等

その他、行政関連施設、児童福祉施設等で活躍しています。

研究や教育などの機関

教育機関
理学療法士を育てる教育
スポーツトレーナー
プロスポーツチーム所属やアスリート専属のトレーナーとしてサポートをする理学療法

その他、研究機関等で活躍しています。