大分リハビリテーション専門学校

文字サイズ
平松学園HOME
MENU

挨拶・概要

Greeting and Outline

概要

本校は大分県内初(平成5年4月開校)の養成校で、伝統と実績を兼ね備えています。そのため、大分県内はもちろん、県外の医療機関や福祉施設などで多くの卒業生が活躍しています。

本学科では、基本的な知識・技術の習得はもちろんのこと、客観的臨床能力試験(Objective Structured Clinical Examination:OSCE)や大分県内で唯一、作業療法士科と言語聴覚士科を設置していることを活かして専門職連携教育(Inter Professional Education:IPE)も導入しています。

このように、実践力を高めるためのカリキュラムを構成し、質の高い授業を目指すとともに1人ひとりをフォローする独自の教育システムを取り入れています。

各学年1クラス30名の少人数でアットホームな雰囲気の下、学ぶことができます。

挨拶

治療から予防へ社会の期待に応えて変革する理学療法

昭和41年、日本で初めての理学療法士と作業療法士が誕生しました。これが日本におけるリハビリテーションの幕開けです。その中で、理学療法は疾病やケガのあとに残る手足の麻痺や運動機能の低下を軽減するとともに、日々の生活の質を高め、さらに社会復帰をめざす「障がいの治療」として発展してきました。

それから半世紀。急速に進む高齢化社会の中で日々の生活の中で運動機能を活用し、脳を活性化するなど、健康生活の延伸および「障がいの予防」においても理学療法の期待が高まっています。これからも理学療法は社会の期待に応えるべく自らの技術を発展させていかなければなりません。そのことにより国民の健康を守る医療としての責任を果たすことができるのです。

校長 和田 秀隆(大分市保健所元所長・脳神経外科専門医)

在学中に取得できる資格

  • 初級障がい者スポーツ指導員(日本障がい者スポーツ協会)

卒業時に得られる資格・称号

  • 理学療法士国家試験受験資格
  • 専門士(医療専門課程)

教育理念・教育目標

大分リハビリテーション専門学校は、リハビリテーションを担う専門職の総合的養成施設として、「広く社会に貢献できる人間性豊かな医療専門職を育成する」ことを教育目標としています。この目標を実現させるため、下記の点に重点をおいて人材の育成をめざしています。

1.医療人としての自覚

医療人として、人の尊厳や人権を尊重し、倫理観や使命感を持った人材を育成する。

2.疾病や障がいに対する専門的知識、技術

科学的根拠に基づいた専門的知識・技術を習得し、臨床に応用できる人材を育成する。

3.協働,連携による課題解決能力

自らの役割及び他職種の役割を理解し、チームの一員として協働し課題解決できる人材を育成する。

4.人と向き合えるコミュニケーション力

自身の考えを適切に表現でき、他者の言葉に耳を傾け、誠実に人と向き合えるコミュニケーション力を持った人材を育成する。

5.自ら考え実践できる行動力

自らの行動に責任を持ち、主体的に考え実践できる人材を育成する。

教員紹介

担当教員をご紹介いたします。

学科長
安達 佳輝
担当科目
  • 理学療法概論
  • 基礎運動学
  • 運動療法 他

1人の人間が、一人前の理学療法士に育つまで、学生の期間を含め10年を要すると言われており、長い時間と多くの経験、強い意志、そしてたゆまない努力が必要です。

教務主任
武田 知樹
担当科目
  • 医療統計論
  • 神経理学療法学
  • 物理療法学演習 他

理学療法を必要とする多くの方々のQuality of Life(生命の質、生活の質、人生の質)を高められるような本物の知識や技術を持った理学療法士を目指してほしいと思います。