大分リハビリテーション専門学校

文字サイズ
平松学園HOME
MENU

ブログ

School blog

言語聴覚士科 1年生 音楽療法にチャレンジ!

 

罫・カード018

 

 

はじめ

 

 

  下の楽器は『カエルギロ』です。

 ご覧の通リカエルの形をしています。

 棒で背中をこするとカエルの鳴き声のような音が出ます。

 

P5

P6

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カエルギロ

 

 

 

 

 次の楽器は『バーチャイム』です。力を入れずに指で

バーに少し触れるだけで音色が奏でます。

簡単に操作出来て、何度やっても飽きない様子でした。

 

P7

 

 

 

 

 今回の合奏のメイン楽器は下の「ハンドベル」です。

上から軽く叩くだけで音が鳴ります。色で音階が異なります。

身体にハンディキャップのある方が、容易に操作できる

楽器の一つでもあります。

 

P1040874

P3

P4

 

 

 

 

 

 楽譜はわかりやすく、音階を色で示していました。

自分の持っているベルの音階(色)の順番が来ると

操作するように合図をします。楽譜を読まなくても、

広く多くの方々が合奏に参加することができます。

 

P1

 

 

 

 

三つの楽器を用いてグループごとに合奏を行いました。 

講師は、音楽療法士の児玉典子先生でした。

 

ハンドベル

 

三年間の教育課程において様々な言語聴覚士の療法を学び

ます。今回の音楽療法もその一つです。

音楽療法の意義は心に反応するだけではなく、身体の機能

にも影響します。

今回の講義では、その具体的な実践方法を学びました。

児玉先生は対象者に応じて『音楽を使える言語聴覚士

になって欲しいですね』と話されていました。 ♬  

 

 

 

 

文字・貼り紙237 文字・貼り紙237文字・貼り紙237文字・貼り紙237文字・貼り紙237文字・貼り紙237文字・貼り紙237文字・貼り紙237文字・貼り紙237文字・貼り紙237文字・貼り紙237文字・貼り紙237   文字・貼り紙237