大分リハビリテーション専門学校

文字サイズ
平松学園HOME

在校生・卒業生の声

Voice of Students and Graduates
3年 松下もえさん (宮崎県立小林秀峰高等学校卒業)

在校生VOICE

クラスの雰囲気は?
明るく、楽しく助け合いができるクラスです。人数が多く、勉強でわからないところがあれば、教え合いをしてクラスで一丸となってテストに臨んでいます。「やる時はやる」「休む時は休む」とメリハリをつけて、頑張っています。
授業は?
言語聴覚士になるための基礎分野から専門分野までを幅広く学んでいます。 また新しく習うことばかりで、毎日の授業が充実しています。
学校行事は?
5月には体育祭、8月は夏期研修、10月には学園祭など楽しい行事がたくさんあります。生徒が主体となって企画運営しますので、お互いに協力する態度が養われます。学科をあげて一致団結して取り組みます。 また、2年生の秋には全国学会にも参加して、学術研究発表を見聞します。専門性を高める貴重な機会となります。
実習は?
学内ではお子さんが実際に来られて、実習を行います。コミュニケーションスキルや接遇、訓練技法など、臨床への基礎を学んでいます。3年次には病院や施設で短期1ヶ月長期2ヶ月の計3か月間の臨床実習を行います。
国家試験対策は?
国家試験に向けたセミナーやテストが繰り返し行われるので、自分の成長を感じることができます。また、クラスみんなで取り組むので達成感が違います。
どんな言語聴覚士になりたいですか?
訓練だけでなく、患者様やご家族の精神面もサポートできる言語聴覚士になりたいです。

卒業生VOICE

令和2年に卒業し、言語聴覚士として働いています。子ども~高齢者まで幅広い人たちを対象に、音声や言語・聴力や飲み込みに障がいを持たれた方の評価・訓練を行っています。コミュニケーションや食べることは「人」としてとても重要なことです。患者様に寄り添いながら、より良い医療を行えるよう頑張っています。 後藤 慶伍さん(令和2年卒業)
  • 帰巖会みえ病院勤務
  • 大分県立三重総合高校