大分歯科専門学校

文字サイズ小中大
平松学園HOME

新着情報

what’s New

🎤キャリアデザイン 特別講義①🎤

7月16日(土)

今日は1年生のキャリアデザインの講義の一環で、様々な分野で活躍する歯科衛生士さんの講演を聴かせて頂きました。

社会福祉法人 別府発達医療センター 大分療育センター 奈須さおり様より

「障がい者歯科での歯科衛生士の役割」

【学生感想】

「障害者歯科では一般の歯科学の知識や技術の他に、障害、訓練、福祉や発達についての知識が必要だと思った」

「手術室が設備されているため、全身麻酔が可能ということに医療を提供する範囲が広いことがとても印象にな子りました」

 

トキハわさだタウン歯科クリニック 牧野桃奈様より

「歯科診療における歯科衛生士の役割」

【学生感想】

「嚙み合わせの不調から、肩こり・頭痛・体調不良など、口腔の状態と全身症状の関わりがあり、顎関節やかみ合わせのバランスを整える顎関節治療を行っていることに驚いた。」

「一般歯科だからこそ、患者さんの状態の変化にいち早く気づくことができ、早期治療をしていけるというお話に感動しました」

 

社会医療法人 敬和会 大分リハビリテーション病院 衛藤恵美様より

「摂食嚥下障害患者に対するチーム医療と歯科衛生士の役割」

【学生感想】

「リハビリをして、良くなっていった患者さんを見て本当に感動しました。」

「よりよい治療を行うためには多職種の方とコミュニケーションをとること、また多職種の方々と会話をする上で、専門的な知識が必要だと感じました」

 

各講師より、歯科衛生士の業務やそのやりがいなど、具体的に症例ををあげ説明をして頂くことで一般歯科診療所の他にもいろいろな場面で歯科衛生士が活躍していることを理解することが出来たようでした。

講演会終了後、質疑応答の時間を頂き、1年生から積極的に質問の手が上がり、活気のある会となりました。

  

講師の歯科衛生士の先生方、お忙しい中本当にありがとうございました。