大分歯科専門学校

文字サイズ小中大
平松学園HOME

新着情報

what’s New

💻キャリアデザイン 特別講義②💻

7月23日(土)

2回目のキャリアデザイン特別講義を行いました。

 

大分県歯科衛生士会 監事 有松ひとみ様より

「未来に輝く歯科衛生士の皆さんに伝えたいこと」

 

【学生感想】

「歯科衛生士は災害対応も行っており、災害関連死を発症させないために口腔ケアを行っていることを知りました。また災害時にはいろいろな職種の方とチームを組んで動くので、個人で行動すると逆に迷惑をかけてしまうことも驚きました。」

「有松さんが発展途上国で耳の聞こえない人たちに、口腔ケアの大切さを伝えていて、人々の人生を支えることができる歯科衛生士はとてもやりがいのある仕事だと思いました。」

 

大分歯科専門学校付属歯科診療所 甲斐加代子様より

「歯科衛生士のライフステージに応じた働き方」

【学生感想】

「女性は結婚、出産、介護などありますが、国家資格を持っていると一生働くことができることを改めて知り、良い仕事だと感じました。」

「また患者さんが手術、薬の副作用による舌炎が出来ていることに気づき、亜鉛が不足しているので食事についての指導もしていることを知り、歯科衛生士は歯の治療や指導するだけでなく、食事指導も行うことがあるのだと知りました。」

 

大分市保健所中央保健センター 三宅悦子様より

「行政歯科衛生士の役割」

【学生感想】

「保健所が行う歯科健診では子どもたちだけでなく、妊婦さんも対象としていることを初めて知りました。」

「歯科健診では病気だけではなく、ネグレクト等の幼児虐待も見つけることができることに驚きました。」

「大分県はう蝕罹患率ワースト2だと知り、これから歯科衛生士が力を入れていかないといけないと思った。」

 

大分赤十字病院歯科口腔外科 木村ひとみ様より

「総合病院における歯科衛生士の役割~チーム医療の一員として~」

【学生感想】

「NST(栄養サポートチーム)があること、また歯科衛生士がチームの一員となっていることを初めて知ることができた。」

「チーム医療、多職種連携が大事なことだと思いました。限られた時間の中で(入院中)口腔ケアや口腔機能管理を行うことが大切だと感じました。」

学生達も真剣なまなざしで見て、聴いて、メモをとっていました。

 

学生より質問も多く出て、とてもよい特別講義となりました。

今回も貴重なお話ばかりで、本当にありがとうございました。