大分リハビリテーション専門学校

文字サイズ
平松学園HOME

在校生・卒業生の声

Voice of Students and Graduates
理学療法士科3年 山﨑 春花
(大分鶴崎高校卒業)

在校生VOICE

臨床能力を育むプログラムが
充実しています
本校の他学科学生と協働して医療職における連携を学ぶIPE(専門職間連携教育)や、実際の臨床現場で必要とされる判断力、技術力を習得するOSCE(客観的臨床能力試験)などがあります。また、1年次に初級障がい者スポーツ指導員の資格を取得することができ、毎年開催されている大分国際車いすマラソンや障がい者スポーツの補助を行うことができます。
1学年30名の担任制
勉アットホームな雰囲気の中、3年間同じ仲間と切磋琢磨して勉学に励むことができます。また、先生も担任制で、一人一人のことをすごく理解してくれています。学習面や生活面のことなど様々な相談を気軽にできる環境であり、すごく親身になって話しを聞いてくれます。
勉強に対する姿勢が変わりました
入学当初は、専門用語ばかりで覚えることも多く、90分授業で高校時代と違うことが多くすごく大変でした。しかし勉強するうちに繋がりが見え勉強が楽しくなりました。

卒業生VOICE

高校生の時に理学療法士という仕事を知り、多くの方と触れ合いながら、明るく楽しい仕事がしたいと思ったことが理学療法士を目指したきっかけです。同じ目標を持った仲間たちと共に過ごした学生生活は、とても充実した笑顔の絶えない日々でした。今でも仲間たちはよき理解者です。授業や臨床実習では、理学療法士としての知識・技術だけでなく、人と接する事の楽しさや支えて下さる方々への感謝の気持ちを学ぶことができました。

甲斐はる香さん(平成23年卒業)
  • 豊後大野市民病院勤務
  • 大分県立竹田高校出身