大分リハビリテーション専門学校

文字サイズ
平松学園HOME

在校生・卒業生の声

Voice of Students and Graduates
3年 村上 恭太郎さん(大分県立日出総合高校卒業)

在校生VOICE

きっかけは、高校生の時に参加した作業療法体験
母の紹介で作業療法という職種を知りました。その後、高校生で参加した作業療法体験を通して、楽しさを持ちつつ対象者を支援できる作業療法に強い魅力を感じました。
本当に必要なことを支援できる作業療法士に
対象者の希望や思いを受け止め、本当に必要なことを支援できる作業療法士になりたいです。
臨床経験豊富な講師陣や他学科との交流が魅力的です
講義では、臨床経験豊富な講師陣が幅広く作業療法のことを話してくださることで、強い興味を持って学習に取り組む事ができます。また、他学科との交流が盛んなため、楽しく学校生活を過ごすことができるのも魅力です。

卒業生VOICE

勉強や実習、国家試験など乗り越えなければならない困難が多いですが、同じ夢に向かって苦難を共に乗り越えてきた仲間、熱心にご指導してくださる先生方に囲まれ、過ごした3年間は毎日が充実しており、かけがえのない宝物です。卒業後も毎日が勉強の日々ですが、患者さん方の「この動作ができるようになった」「ありがとう」の笑顔の瞬間に立ち会える仕事として誇りに思っています。

田崎 綾花さん(平成23年卒業)
  • 大分赤十字病院勤務
  • 大分県立大分西高校出身